読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらぴでにたくさん

好きな時に好きなものを好きなように好きなだけ!

妄想は人の自由だよね!

初恋の人が結婚した話

ぐだぐだ語り

初恋の人がとうとう結婚してしまいました。

今はもっと好きな人がいますし追いかけ続けてもいますが、初恋の人はやはり特別だったようです。

 

彼との出会いは私が7歳の時です。

初めて見た時から優しい笑顔が魅力的な人でした。少し低めの、穏やかな声がこちらの心を包んでくれるような人でした。

男らしさという点は正直あまり強くなくて、もっと男前な人がそばにたくさんいる人でしたが、だからこそその暖かさが私を惹きつけてやみませんでした。

年齢なんて知らなくて、ずっと年上の人だってことしか分からなくて、とにかく優しさと、暖かさと、柔らかさと、強さをぎゅっと詰め込んだ大人っぽさが大好きでした。

その人の横には1人だけ綺麗なお姉さんが混ざっていました。幼いながらに御似合いだな、と思っていましたが、それでも隣にいられるお姉さんはずっと羨ましかったし、学校でそのお姉さん役をたくさんの友達と取り合ったりもしました。

会えなくなる最後の日の前日は寂しくて寂しくて、最後までかっこいい姿に更に大好きになって、それでも寂しさがぬぐえないから録画していたビデオを何度も何度も見直しました。

彼はテレビの中の人でした。

当時はブラウン管の向こう側で、彼を見るために時間になったら画面の前に張り付いていたのを覚えています。普段の柔らかい笑顔と戦う力を求める決意を込めた顔と、多くの怪獣たちと戦う姿に私は毎週目を奪われていました。

 

大きくなるにつれて彼の思い出はそのままに、私はたくさんのかっこいい人たちを見るようになりました。

青空みたいにおおらかに受け止めたり、ワイルドな外見と真直ぐな目を持っていたり、照れ屋なのに喋るのが好きだったり、直球で話して本心を見つけたり、方言も違っていたりと、本当にたくさんの人を好きになりました。

でも、どんな人も笑顔が印象的な人ばかりです。

彼の笑顔とは少し違っても、どれも大好きな笑顔ばかりです。

好きになる人の、一番大事なものを、私は彼に教えてもらったのだと思います。

 

そんな彼が2016年11月29日に結婚を発表しました。

お相手の方の写真を見ました。

彼と同じく、暖かくて、素敵な笑顔の人でした。

素敵な素敵な二人だな、と思いました。

これからも彼の素敵な笑顔が見られるのだなと思って、私は嬉しくなりました。

 

ダイゴ隊員もとい、長野博さん。

ご結婚おめでとうございます。

これからの行く道にも、あなたの素敵な笑顔があふれますように。